機種変更したとき Authenticator(Google,Microsoft)のデータ移行方法

ソフトウエア
知りたいこと。解決できること

Authenticatorのデータ移行の流れです

  • Google Authenticator はエクスポート・インポート
  • Microsoft Authenticatorはバックアップ・リストア(復元)

スマホで機種変更したとき「Google Authenticator」「Microsoft Authenticator」 のデータ移行方法の疑問に回答します。

スマホの移行ツール(クイックスタート、iCloudなどのバックアップデータ)ではデータは自動で復元されません。ユーザーが必ず手動移行する必要があります。

2段階認証が認証アプリのみ対応サイト(ニンテンドーアカウントなど)は、旧スマホが使えないとデータ移行の復旧が大変です。忘れずに対応を行いましょう。

私は2段階認証の機能があるものは、ほとんど有効にしています。不正ログインの防止って思っている以上に大切ですよ。

2要素階認証アプリ

2要素認証に利用できる有名な無料認証アプリは2つあります。

  • グーグル製の「Authenticator」
  • マイクロソフト製の「Authenticator」

Authenticator」の読み方は「オーセンティケイター」です。「認証コード」「ユーザー識別」って意味の名詞です。ド直球な名前です。

新しいスマホ(iPhone)に機種変更した時、スマホの移行ツール(クイックスタート、iCloudなどのバックアップデータ)から復元しても認証アプリ「Authenticator」のデータは自動で復元されませんので注意してください。

古いスマホを初期化する前に忘れずに再登録を行いましょう。

手順は異なりますが「Google Authenticator」「Microsoft Authenticator」どちらもデータ移行が簡単にできます。

機種変更に伴う移行手順(旧スマホが使える)

Google、マイクロソフト どちらの認証アプリも、ワンタイムパスワードに必要情報はスマホのストレージ内に保存されます。機種変更を行った場合は、データ移行が必ず必要になります。

実はスマホ移行のバックアップ手順からだと、認証アプリが発行するワンタイムパスワードの情報は移行されません。これはLINEアプリと同じ考え方です。後からユーザーの責任でデータ移行する必要があります。

  • パスワード情報はスマホのストレージに保存されている
  • スマホ移行ツールではデータ移行されない
  • ユーザー自身でデータ移行を行う必要がある

旧スマホを初期化してしまったら、復旧が大変なので忘れずに実施するようにしてください。

Google Authenticator の移行手順

Google の Authenticator は「エクスポート・インポート」の手順でデータ移行を実施します。エクスポートと言っても、データを退避する必要はありません。

新旧のスマホを利用するだけで移行が完了します。

旧スマホ

旧スマホで Google の Authenticator を起動し「アカウントのエクスポート」を選択するとQRコードが表示されます。

  • Google Authenticator の移行手順
  • Google Authenticator の移行手順
  • Google Authenticator の移行手順
  • Google Authenticator の移行手順

これで、エクスポートの準備は完了です。

新スマホ

旧スマホに表示されたQRコードを、新スマホで読み取るとデータ移行が完了です。

ストアからアプリを新スマホにインストールします。

Google Authenticator

Google Authenticator

Google LLC無料posted withアプリーチ

認証アプリでは複雑な設定は何もありません。アプリを起動させてQRコードを読み込ませるだけです。

  • Amazon アカウント 2段階認証の管理方法
    はじめて認証アプリを利用する場合は「開始」をタップし「QRコードをスキャン」へ進みます。
  • Amazon アカウント 2段階認証の管理方法
    既に認証アプリを利用している場合は、右下の「+」から「QRコードをスキャン」へ進みます。

QRコードからスキャンを行うと、旧スマホと同じ情報が新スマホにインポートされます。新旧スマホに表示される「ワンタイムパスワード」「有効時間」は同じものが表示されていると思います。

旧スマホ

新スマホに情報が移行されたら、旧スマホに残っているデータをどうするか選択してください。

  • Google Authenticator の移行手順

「削除・残す」どちらを選択しても困ることはありません。作業完了って意味で削除しても構わないし、保険として情報を残しても問題は発生しないです。

私の考え方は「移行作業が面倒くさい」「絶対に忘れる自信がある」です。有償のパスワード管理ツール(1Password)を利用し「手間と安全」をお金で解決しています。この為だけにと考えたら躊躇ちゅうちょしますが、本来の目的はパスワード管理なので集約できて超便利。気になる方が参考にしてください。これさえあれば、PCもスマホもこれ1つでOK

関連記事 お得な購入方法・1Password(ワンパスワード)の使い方

30秒で説明。1Passwordを用いたてログインする様子。

Microsoft Authenticator の移行手順

マイクロソフト の Authenticator は「バックアップ・リストア(復元)」の手順でデータの移行を実施します。バックアップと言っても設定を有効にするだけなのに簡単です。

どこかにデータを退避する必要はありません。新旧のスマホを利用するだけで移行が完了します。

旧スマホ

旧スマホで マイクロソフト の Authenticator を起動し「iCloud バックアップ」を有効にするとバックアップが取得されます。

  • マイクロソフト Authenticator の移行手順
  • マイクロソフト Authenticator の移行手順
  • マイクロソフト Authenticator の移行手順

これで、バックアップの準備は完了です。

新スマホ

新スマホに マイクロソフト の Authenticator をインストールし起動します。復元の設定項目はスクロールして一番下まで移動してください。ちょっと見づらいです。

Microsoft Authenticator

Microsoft Authenticator

Microsoft Corporation無料posted withアプリーチ

もし、間違えて新規設定を行ってしまった場合は、「バックアップから復元」の項目が表示されなくなってしまいます。だからと言って慌てる必要はありません。

アプリを再インストールしてください。「バックアップから復元」の項目が再表示されます。

  • マイクロソフト Authenticator の移行手順
  • マイクロソフト Authenticator の移行手順
  • マイクロソフト Authenticator の移行手順
旧スマホ

旧スマホのAuthenticatorアプリに承認通知が届きますので「承認」を行います。

  • マイクロソフト Authenticator の移行手順
新スマホ

旧スマホで承認すると、新スマホの画面は遷移して移行が完了します。

  • マイクロソフト Authenticator の移行手順
  • マイクロソフト Authenticator の移行手順

これで移行作業は完了です。おつかれさまでした。

旧スマホのデータは「削除・残す」どちらを選択しても困ることはありません。作業完了って意味で削除しても構わないし、保険として情報を残しても問題は発生しないです。

私の考え方は「移行作業が面倒くさい」「絶対に忘れる自信がある」です。有償のパスワード管理ツール(1Password)を利用し「手間と安全」をお金で解決しています。この為だけにと考えたら躊躇ちゅうちょしますが、本来の目的はパスワード管理なので集約できて超便利。気になる方が参考にしてください。これさえあれば、PCもスマホもこれ1つでOK

関連記事 お得な購入方法・1Password(ワンパスワード)の使い方

30秒で説明。1Passwordを用いたてログインする様子。

移行を忘れたとき2段階認証の変更手順(旧スマホが使えない)

スマホ移行を行ってから、しばらくして気づくのが世の常です。旧スマホから移行することが困難な場合は、改めて再登録を行う必要があります。

ただし、対象アカウントにログインができない状態になっていたら、全てを諦めてください。復旧方法が提供されていたら必死に思い出してください。

認証はとても重要なことです。利用ユーザーは認証に必要な要素を複数準備することが、最大の危機回避方法です。

Google アカウント

Googleは、2段階認証に設定できる要素が多くあります。なるべく2段階認証の要素を多く登録した方が緊急事態を回避することができます。最低限3つは設定することを推奨します。

  • Googleアプリ
  • 認証システム アプリ
  • 音声またはテキスト メッセージ
  • バックアップ コード
  • セキュリティ キー

2段階認証の設定変更は簡単に行うことができます。認証の変更なのでスマホで設定するよりもPCから行う方が良いと思います。

Google[2段階認証プロセス]のページにアクセスします。

  • Google[2段階認証プロセス]のページ
    「開始ボタン」をクリックします。
  • Google ログインページ
    利用するGoogleアカウントでログインします。
  • 2段階認証プロセス
    「スマートフォンを変更」をクリックします
  • スマートフォンの種類
    利用するスマートフォンの種類を選択します。
  • QRコード
    QRコードが表示されるので新しいスマホの「Authenticator」アプリに読み込ませます。
  • 6桁のコード
    新しいスマホに表示された6桁のコードを入力してください。

無事に変更が完了しました。

ニンテンドーアカウント 

子どもがNintendo Switchを使っています。ニンテンドーアカウントは「Google Authenticator」の利用を促していますので設定を行っています。

任天堂サイトで不正ログインに対する注意喚起が行われているので相当数ユーザーが被害に見舞われているのでしょう。保護者の方は注意してください。

旧スマホを利用してデータ移行が完了したら、改めて二段階認証の設定を行う必要はありません。

ニンテンドーアカウントの認証は3要素が利用できます。

  • 二段階認証アプリ
  • バックアップコード
  • ユーザーの個人情報

旧スマホが利用出来ない場合は、任天堂サイトにアクセスしバックアップコードか個人情報を利用して解除を行う必要があります。

二段階認証の解除
二段階認証の解除

二段階認証を解除後に、改めて新しいスマホを利用し二段階認証を行います。

バックアップコードも判らない場合は、フォームから解除申請になります。

関連記事 ニンテンドーアカウント 機種変更による二段階認証の対応方法

Amazonアカウント

Amazonの場合はSMSが優先されるので忘れがちです。利用スマホが壊れて顔面蒼白にならないようにしっかりと対応を行いましょう。

  • SMS(電話番号)
  • 認証アプリ

なるべく多く登録した方が緊急事態を回避することができます。

関連記事 Amazonは2段階認証を絶対に設定すべき!安全安心は大切

旧スマホを利用してデータ移行が完了したら、改めて2段階認証の設定を行う必要はありません。

旧スマホの認証アプリでデータ移行が出来ない場合は、Amazonサイトで新規登録する必要があります。

Amazon 機種変更による2段階認証の対応方法
Amazon 機種変更による2段階認証の対応方法

 

関連記事 Amazon 機種変更による2段階認証の対応方法

Twitter アカウント

twitterの場合はSMSが優先されるので忘れがちです。利用スマホが壊れて顔面蒼白にならないようにしっかりと対応を行いましょう。なるべく多く登録した方が緊急事態を回避することができます。最低限2つは設定することを推奨します。

  • SMS(電話番号)
  • 認証アプリ
  • セキュリティキー

旧スマホを利用してデータ移行が完了したら、改めて2段階認証の設定を行う必要はありません。

2段階認証の設定変更は簡単に行うことができます。認証の変更なのでスマホで設定するよりもPCから行う方が良いと思います。

twitter[2要素認証]のページにアクセスします。既にtwitterにログイン状態でアクセスしてください。ログアウトしているとトップページにリダイレクトされます。

Twitter 機種変更による2段階認証の対応方法
Twitter 機種変更による2段階認証の対応方法

Instagram アカウント

Instagramの場合はSMSが優先されるので忘れがちです。利用スマホが壊れて顔面蒼白にならないようにしっかりと対応を行いましょう。なるべく多く登録した方が緊急事態を回避することができます。

  • SMS(電話番号)
  • 認証アプリ

旧スマホを利用してデータ移行が完了したら、改めて二段階認証の設定を行う必要はありません。

二段階認証の設定変更は簡単に行うことができます。認証の変更なのでスマホで設定するよりもPCから行う方が良いと思います。

Instagram[二段階認証]のページにアクセスします。

Instagram 機種変更による2段階認証の対応方法
Instagram 機種変更による2段階認証の対応方法

Facebook アカウント

facebookの場合は2段階認証に設定できる要素が多くあります。なるべく多く登録した方が緊急事態を回避することができます。最低限2つは設定することを推奨します。

  • SMS(電話番号)
  • 認証アプリ
  • セキュリティキー
  • リカバリーコード

旧スマホを利用してデータ移行が完了したら、改めて2段階認証の設定を行う必要はありません。

2段階認証の設定変更は簡単に行うことができます。認証の変更なのでスマホで設定するよりもPCから行う方が良いと思います。

Facebook[二段階認証]のページにアクセスします。既にFacebookにログイン状態でアクセスしてください。ログアウトしているとエラーになります。

acebook 機種変更による2段階認証の対応方法
Facebook 機種変更による2段階認証の対応方法

1Password アカウント

1Passwordは、セキュリティに対する機能が充実しています。アカウント、パスワード、シークレットキー(35桁)で十分にセキュリティ対策がなされていますが、2要素認証を有効化することも可能です。

2段階認証の設定変更は簡単に行うことができます。認証の変更なのでスマホで設定するよりもPCから行う方が良いと思います。

1Password[2要素認証]のページにアクセスします。

1Password 2段階認証(2要素認証)の設定方法
1Password 2段階認証(2要素認証)の設定方法

関連記事 1Password 2段階認証(2要素認証)の設定方法

まとめ

二段階認証を利用できるサイトは今後、増えてくると思います。今の主流はSMS送信による認証ですが認証アプリの普及は進むと思います。(だって、こっちの方が安全だから・・・)ユーザーは早いうちに利用することに慣れた方がいいと思います。

手順は異なりますが「Google Authenticator」「マイクロソフト Authenticator」どちらもデータ移行か簡単にできます。ユーザーが忘れずにデータ移行することが重要になります。

私は、忘れやすく、面倒臭いのが大嫌いなので、パスワード管理は有料アプリで解決しています。認証は専用製品(1Password)を使うべきです。移行もバックアップも作業不要で、安全・安心を手に入れることができます。

関連記事 お得な購入方法・1Password(ワンパスワード)の使い方

 

以上、「スマホで機種変更したとき Authenticator のデータ移行方法」という記事でした。

コメント