YAMAHA RTXシリーズのファームアップ手順

実施する頻度は低いのですが必ず行う作業です。

設定画面が充実した新しい製品の場合はWeb画面からファームアップが実行できますが、旧型機はTFTPを利用してファームアップを行います。

ファームウェアのダウンロード

YAMAHAサイトから、対象の最新版をダウンロードします。

http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/firmware/

ルータの設定

RTXシリーズの初期設定はIPアドレス192.168.100.1/24がLAN1に割当てられDHCPが設定されています。

クライアント端末をlan1のポートに接続すると、telnetによる操作が可能な状態になります。

ip lan1 address 192.168.100.1/24
dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 192.168.100.2-192.168.100.191/24

TFTPの接続を許可する設定を追加します。

tftp host any

クライアント端末(Windows)の設定

最近のWindowsはTFTPクライアントの機能が備わっています。無効化されているので有効にする必要があります。

「コントロールパネル」-「プログラムと機能」-「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択し、[TFTPクライアント]にチェックをいれます。

コマンドプロンプトからTFTPコマンドを実行します。

C:\>tftp -i 192.168.100.1 put C:tmp\rtx810.bin exec

ファームウェアをアップロードし実行します。
TFTPによる転送が成功しアップデートが完了するとルータが再起動します。

Update exec file receiving... Testing received file... Writing to Nonvolatile memory...
#  done
Restarting ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク