CentOS7 + php7 + Nginx + MariaDB 環境にWordPressをインストール

OS

CentSO7は最小パッケージでインストールを実施しています。初期設定を済ませてから設定を行ってください。

CentOS7 初期設定
インストール後の作業 CentSO7は最小パッケージでインストールを実施しています。インストール後に設定する手順です。 SSHの設定...

remiリポジトリの追加

「php7」は標準リポジトリに入って入ないのでリポジトリを追加します。

remiリポジトリのインストール

# yum -y install remi-release

「/etc/yum.repos.d」ディレクトリに「remi-php70.repo」「remi-safe.repo」「remi.repo」が作成されます。

後で必要になってくるパッケージ

# yum -y install wget

nginx + wordpress

nginx

nginxのインストール

# yum install nginx

nginxの設定

「/etc/nginx/conf.d」ディレクトリ内に、新規に設定ファイルを作成します。

# cd /etc/nginx/conf.d
# vi rin-ka.conf

設定ファイルの変更

server {
  listen 80 default_server;
  server_name rin-ka.net;
  root /usr/share/nginx/wordpress;
  index index.php;

  # 413 Request Entity Too Large
  client_max_body_size 20M;

  # パーマネントリンク設定
  try_files $uri $uri/ /index.php?$args;

  # wp-config.phpへのアクセス拒否設定
  location ~* /wp-config.php {
    deny all;
  }

  # php-fpm用設定
  location ~ \.php$ {
    fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
    fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
    fastcgi_param PATH_INFO $fastcgi_script_name;
    include fastcgi_params;
  }

  # クライアントキャッシュ
  # ログを除外
  location ~ .*\.(jpg|gif|png|css|js|ico|woff) {
    expires 10d;
    access_log off;
    log_not_found off;
  }
}

セキュリティや高速化にまつわる設定

https://rin-ka.net/it/linux/nginx/nginx-init/

nginx起動

設定ファイルの文法をチェックしてから、nginxを起動、自動起動設定を行います。

# nginx -t
nginx: the configuration file /etc/nginx/nginx.conf syntax is ok
nginx: configuration file /etc/nginx/nginx.conf test is successful

# systemctl start nginx
# systemctl enable nginx

wordpress

wordpressのインストール

# cd /usr/share/nginx/
# wget https://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz
# tar xzvf latest-ja.tar.gz
# chown -R nginx:nginx wordpress

ドキュメントルートに移動し最新のファイルをダウンロードし解凍します。
解凍したディレクトリの所有者とグループを「nginx」に変更します。

php7

php7インストール

他に必要なものを一緒にインストールします。

# yum install --enablerepo=remi-php70,remi-safe php php-mbstring php-pear \
php-fpm php-mcrypt php-mysql \
php-gd php-opcache php-pecl-apcu-bc

「php-fpm」nginxと連携させるために必要です。

「php-gd」無くてもwordpressは動作しますが写真の加工の際に必要になります。インストールされていないとアイキャッチの縦横比率が狂いました。

「php-opcache」wordpressの高速化に利用します。

「php-pecl-apcu-bc」「php-pecl-apcu」wordpressの高速化に利用します。

php7の設定ファイルを編集

# cd /etc/
# vi php.ini
;バージョンを隠す
expose_php = Off

;ファイルアップロードの上限サイズを変更
post_max_size = 20M
upload_max_filesize = 20M

;タイムゾーンの指定
date.timezone = "Asia/Tokyo"

;文字コードの指定
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = auto

php-fpm

php-fpm設定

php-fpmの実行ユーザとグループが初期設定「apache」となっているので、実行ユーザとグループを「nginx」に変更します。

# cd /etc/php-fpm.d/
# vi www.conf

設定ファイルの変更

user = nginx
group = nginx

php-fpm起動

php-fpmを起動、自動起動設定を行います。

# systemctl start php-fpm
# systemctl enable php-fpm

MariaDB

mariadbのインストール、起動、自動起動設定

# yum install mariadb mariadb-server
# systemctl start mariadb
# systemctl enable mariadb

mariadbの初期設定

「root」ユーザパスワード設定、「anonymous」ユーザ、「test」データベースなどを削除します。

# mysql_secure_installation

NOTE: RUNNING ALL PARTS OF THIS SCRIPT IS RECOMMENDED FOR ALL MariaDB
      SERVERS IN PRODUCTION USE!  PLEASE READ EACH STEP CAREFULLY!

In order to log into MariaDB to secure it, we'll need the current
password for the root user.  If you've just installed MariaDB, and
you haven't set the root password yet, the password will be blank,
so you should just press enter here.

Enter current password for root (enter for none): <-- 「Enter」キーを押下
OK, successfully used password, moving on...

Setting the root password ensures that nobody can log into the MariaDB
root user without the proper authorisation.

Set root password? [Y/n] y <-- 「y」
New password:           <-- rootユーザパスワード設定
Re-enter new password: <-- 再入力
Password updated successfully!
Reloading privilege tables..
 ... Success!


By default, a MariaDB installation has an anonymous user, allowing anyone
to log into MariaDB without having to have a user account created for
them.  This is intended only for testing, and to make the installation
go a bit smoother.  You should remove them before moving into a
production environment.

Remove anonymous users? [Y/n] y <-- 「y」
 ... Success!

Normally, root should only be allowed to connect from 'localhost'.  This
ensures that someone cannot guess at the root password from the network.

Disallow root login remotely? [Y/n] y <-- 「y」

By default, MariaDB comes with a database named 'test' that anyone can
access.  This is also intended only for testing, and should be removed
before moving into a production environment.

Remove test database and access to it? [Y/n] y <-- 「y」
 - Dropping test database...
 ... Success!
 - Removing privileges on test database...
 ... Success!

Reloading the privilege tables will ensure that all changes made so far
will take effect immediately.

Reload privilege tables now? [Y/n] y  <-- 「y」

Cleaning up...

All done!  If you've completed all of the above steps, your MariaDB
installation should now be secure.

Thanks for using MariaDB!

設定ファイルの変更

文字コードと各種パラメータを変更します。

[mysqld]
character-set-server = utf8
innodb_buffer_pool_size = 512M
query_cache_size = 64M

MariaDB再起動

設定を反映させるため再起動します。

# systemctl restart mariadb

wordpress用データベース作成

# mysql -u root -p
Enter password:

MariaDB [(none)]> CREATE DATABASE rinka;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

管理ユーザの作成

GRANT ALL PRIVILEGES ON DB名.* TO "user"@"localhost" IDENTIFIED BY "password";
FLUSH PRIVILEGES;

wordpress

wp-configの設定

# cd /usr/share/nginx/wordpress/
# vi wp-config.php

乱数はwordpress本家APIにアクセスしてして取得する。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'rinka');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'user');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'password');

/**#@+
 * 認証用ユニークキー
 *
 * それぞれを異なるユニーク (一意) な文字列に変更してください。
 * {@link https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/ WordPress.org の秘密鍵
サービス} で自動生成することもできます。
 * 後でいつでも変更して、既存のすべての cookie を無効にできます。これにより、す
べてのユーザーを強制的に再ログインさせることになります。
 *
 * @since 2.6.0
 */

define('AUTH_KEY',         'ランダムな文字列');
define('SECURE_AUTH_KEY',  'ランダムな文字列');
define('LOGGED_IN_KEY',    'ランダムな文字列');
define('NONCE_KEY',        'ランダムな文字列');
define('AUTH_SALT',        'ランダムな文字列');
define('SECURE_AUTH_SALT', 'ランダムな文字列');
define('LOGGED_IN_SALT',   'ランダムな文字列');
define('NONCE_SALT',       'ランダムな文字列');
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク