WSL で動くアプリの GUI を VcXsrv を使い Windows 10 に表示する

VcXsrv
Windows 10 にWSLで動くGUIを操作したい。その手順は?

この疑問に回答します。

Windows 10の「WSL(Windows Subsystem for Linux)」が使いやすくなってきました。SSHのコンソールによるリモート接続(CUI)することが多いLinuxでも、GUIで操作した時があります。Windows10にXサーバー(Windows X Server)であるVcXsrvを動作させることで利用が可能になります。

Xサーバー(Windows X Server)であるVcXsrvについて

詳細はこちらの記事をご確認ください。

VcXsrvを利用することでWSLで動作するアプリのGUIを、Windows10に表示することが可能になります。

「Windows10」と「WSL」を同時に同じ画面で操作できるようになり、とても利便性が高くなります。

WSL(Windows Subsystem for Linux)

WSLで動作するアプリのGUIをWindowsに表示させるには、設定が必要です。

環境変数を変更するのですが状況によって、若干不便さがあります。

DISPLAY環境変数を設定

WSLでのDISPLAY環境変数を与える場合は以下のように指定すると使い勝手が良くなります。

# export DISPLAY="`grep nameserver /etc/resolv.conf | sed 's/nameserver //'`:0"

bashrc環境変数を設定

WSLでのbashrcを変更します。「/etc/bash.bashrc」の最後にDISPLAY環境変数の変更先を記載します。

export DISPLAY="`grep nameserver /etc/resolv.conf | sed 's/nameserver //'`:0"

すると、毎回設定を行う必要がなくなり、さらに使い勝手が良くなります。

マイクロソフトのTech Communityに詳細が記述されています。

 

 

以上、「WSL で動くアプリの GUI を VcXsrv を使い Windows 10 に表示する」という記事でした。