Windows 10 仮想デスクトップの使い方

Windows10
 Windwos10での仮想デスクトップの使い方わからない

この疑問に回答します。

最近、Macを利用するようになりました。Macでは仮想デスクトップを頻繁に利用します。Windowsではどうなっているか調べてみたら、Windows10には仮想デスクトップ機能が実装されているようです。機能と使い方について比較できるように使ってみようと思います。

Windows 10 仮想デスクトップの使い方

仮想デスクトップは、MacやLinuxでお馴染みの機能です。複数の作業を並行して行ったり、多くの資料を閲覧しながら作業したりする時に非常に便利な機能です。

仮想デスクトップを作成する

タスクバーの 「タスクビュー」 をクリックし仮想デスクトップを作成します。

仮想デスクトップを作成する
仮想デスクトップを作成する

タスクバーに表示されていない場合は、タスクバーにマウスを当てて右クリックし「タスクビューボタンを表示」にチェックを入れてください。

タスクビューボタンを表示
タスクビューボタンを表示

ショートカット「[Win ]+[Ctrl]+[D]」キーからも、仮想デスクトップを作成することができます。

仮想デスクトップを作成する
仮想デスクトップを作成する

画面上部の「新しいデスクトップ」から新規の仮想デスクトップを作成します。

仮想デスクトップを作成する
仮想デスクトップを作成する

仮想デスクトップは、拡張デスクトップとは異なり完全に独立したデスクトップです。

仮想デスクトップを作成する
仮想デスクトップを作成する

仮想デスクトップの切替える

タスクビュー」からマウスクリックで仮想デスクトップの切替ができます。

仮想デスクトップの切替える
仮想デスクトップの切替える

ショートカット「[Win ]+[Ctrl]+[→](次のデスクトップに切替)」、「[Win ]+[Ctrl]+[←](前のデスクトップに切替)」キーからも、仮想デスクトップの切替ができます。

 

ウィンドウ」 を移動先の「仮想デスクトップ」にドラッグすると、別の仮想デスクトップに移動することができます。

仮想デスクトップの切替える

仮想デスクトップを削除する

タスクビュー」から削除したいデスクトップの [X] をクリックします。

仮想デスクトップを削除する
仮想デスクトップを削除する

仮想デスクトップが削除されても、開いていたウィンドウは「前の仮想デスクトップ」に移動されます。意図せずウィンドウが閉じられることはありません。

ショートカット「[Win ]+[Ctrl]+[F4]」キーからも、仮想デスクトップを削除することができます。

仮想デスクトップの設定

仮想デスクトップの設定があります。仮想デスクトップの設定は [すべてのデスクトップ] か [使用中のデスクトップのみ] が選択できます。

仮想デスクトップの設定
仮想デスクトップの設定

「すべてのデスクトップ」を選択するとタスクバーに、すべてのデスクトップで開いているアプリケーションが表示されます。これでウィンドウの切替えが素早くなります。

仮想デスクトップのショートカットキー

キーボードから仮想デスクトップを操作できます。

ショートカット キー説明
Win  + Tabタスクビューの表示
Win  + Ctrl + D新しいデスクトップを作成
Win  + Ctrl + ←前のデスクトップに切り替え
Win  + Ctrl + →次のデスクトップに切り替え
Win  + Ctrl + F4開いているデスクトップを削除

アイコンをクリックして仮想デスクトップの操作をするよりショートカットキーの方が、素早く操作できます。

 

 

以上、「Windows 10 仮想デスクトップの使い方」という記事でした。