SoftEther(L2TP/IPsec) Windowsからの接続

サーバーの設定

L2TP/IPsec設定をはじめに行ってください。

SoftEther(L2TP/IPsec設定) その4
SoftEther(VPN Server) L2TP/IPsec設定 ネットワーク構成 作成した仮想レイヤ3スイッチ配下のセグメントにV...

Windowsからの接続設定(Windows 10の場合)

OSの標準機能にVPN機能が付いていますので、新たにアプリをインストールしなくても接続する事ができます。

「設定」-「ネットワークとインターネット」をクリックします。

「VPN接続を追加する」の左「+」をクリックします。

必要な項目を入力します。

VPNプロバイダー
「Windows(ビルドイン)」を選択します
接続名
表示名ですので好きな名称を入力してください
サーバー名またはアドレス
サーバー名またはアドレスを入力してください
VPNの種類
「事前共有キーを使ったL2TP/IPsec」を選択してください
事前共有キー
VPNサーバーで設定した文字列(IPsec 事前共通鍵)を入力してください
ユーザ名
“仮想HUB名\ユーザ名”または”ユーザ名@仮想HUB名”のように入力してください
パスワード
サーバーで設定した文字列を入力してください

VPN設定が登録されます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク