Nagios 通知メールを個別・グループに設定する

Nagios
Nagiosの通知メール先をサービス・ホスト毎に変更したい。手順を知りたい!

この疑問に回答します。

Nagiosの初期設定は、全ての通知メールが1つのアドレスに送信されます。監視先を担当者ごとに変更したい時に対応します。

Nagiosの通知メールを個別・グループに設定

個別・グループの設定

# vi /etc/nagios/objects/contacts.cfg
#
# CONTACTS
#
define contact{
       contact_name    contact-user1
       use             generic-contact
       alias           contact-user1
       email           hogehoge@[mydomain] ← メールの通知先を登録
}

#
# CONTACT GROUPS
#
define contactgroup{
        contactgroup_name       contact-group1
        alias                   Contact Group1
        members                 nagiosadmin,contact-user1 ← 通知先(contact)を登録
}

この設定でデフォルトの通知先と、新たに追加した通知先の2か所にメールが送信されます。

サーバー・サービスの設定

# vi /etc/nagios/objects/contacts.cfg
#
# CONTACTS
define service{
        use                     generic-service
        host_name               [ホスト名]
        service_description     PING
        check_command           check_ping!200.0,20%!600.0,60%
        contact_groups          contact-group1 ← 通知先(contactgroup)を登録
}

通知先変更するサービスに対して、contact_groups パラメーターを追加します。

サービスの再読込み

# systemctl reload nagios

関連記事 Amazonで【Nagios統合監視リファレンス】をお得に買う方法

 

以上、「Nagios 通知メールを個別・グループに設定する」という記事でした。