Munin( mysql 監視)

Munin で mysql を監視

Munin は SQL文を利用して情報を取得します。

まずはMuninノードを設定します。

CentOS 8 + Munin(インストール)
Munin とは Munin は Perl で書かれたリソースを監視ツールのことです。RRDtool を利用してグラフを作成してくれます。リソースの状態変化をグラフで確認できるとても便利なツールです。 Muninは、監視するサーバー...

MySQL の設定

munin 用のIDを作る方がいいのですが、面倒だったので root でアクセスさせます。

SQLでログイン出来るか確認します。

# mysql -h localhost -u root -p  -e 'SHOW FULL PROCESSLIST\G'
Enter password:
*************************** 1. row ***************************
      Id: 556
    User: root
    Host: localhost
      db: NULL
 Command: Query
    Time: 0
   State: init
    Info: SHOW FULL PROCESSLIST
Progress: 0.000

Munin の設定

munin-node に設定を行います。

# cd /etc/munin/plugin-conf.d/
# vi munin-node
[mysql*]
env.mysqlopts -u root --password=パスワード

指定のディレクトリにプラグインのリンクを作成すると有効化されます。

# cd /etc/munin/plugins
# ln -s /usr/share/munin/plugins/mysql_* .

munin-node の設定を反映させます。

# systemctl restart munin-node

情報が取得できるか確認します。

# munin-run mysql_queries
delete.value 221192
insert.value 24056397
replace.value 0
select.value 1252
update.value 65592
cache_hits.value 0

 

設定直後にエラーが出力される場合があります。こちらの記事を参考にしてください。