Muninで「MySQL InnoDB free tablespace」が「Critical」になる

Munin
Muninを利用してMySQLのリソース監視をするとCriticalが表示される。どうすればよい?

この疑問に回答します。

Muninによるリソース管理を設定した直後に「MySQL InnoDB free tablespace」が「Critical」表示されていました。特に問題は無いのでエラーにならないように設定しましょう。

Munin で MySQL InnoDB free tablespace がエラーの意味

Muninによるリソース監視を行ったところ、スグに「MySQL InnoDB free tablespace」が「Critical」に表示されてしまいました。

Muninによるリソース管理
Muninによるリソース管理

「MySQL InnoDB free tablespace」文言からして、テーブルスペースの空き容量に問題がありそうな感じです。

状態を確認しています。

# mysql -u root -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 3440
Server version: 8.0.21 Source distribution

Copyright (c) 2000, 2020, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql> show global variables like 'innodb_data_file_path';
+-----------------------+------------------------+
| Variable_name         | Value                  |
+-----------------------+------------------------+
| innodb_data_file_path | ibdata1:12M:autoextend | ← 自動拡張って記述されている 
+-----------------------+------------------------+
1 row in set (0.01 sec)

 

テーブルスペースが不足すると自動的に拡張するようになっているようです。

autoextendは、テーブルスペースに空き領域がなくなると自動拡張します。

Munin で MySQL InnoDB free tablespace がエラーの回避方法

自動拡張なので、監視自体を無効化してしまいます。

munin-node の設定を行います。

# cd /etc/munin/plugin-conf.d/
# vi munin-node
[mysql*]
env.warning 0
env.critical 0

 

munin-node の設定を反映させます。

# systemctl restart munin-node

 

以上、「Muninで「MySQL InnoDB free tablespace」が「Critical」になる」という記事でした。