Mac作法 Windowsユーザーが解説 Macアプリのインストール・アンインストール

Mac
 Macを使い始めたばかりで、Macアプリのインストール手順・設定がわからない

この疑問に回答します。

私も最近、Macを利用するようになりました。Windowsだと取得したアプリのインストーラーを実行するだけでインストールが完了します。また、アプリの削除はコントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」からアプリを選択してアンインストールを実行するだけです。

 

当たり前のことで気にも止めない内容です。よって、Windowsユーザーは、Macも同様の手順だと思っていますが、触って初めて違いに気づきます。

私がMacを触ってびっくりした内容をまとめます。

Mac作法 Windowsユーザーが解説 アプリのインストール・アンインストール

Macでアプリのインストール・アンインストールは、便利なようなようで不便です。使って初めて気づきました。

便利と感じるのは削除が簡単なこと。「アイコン削除」=「アプリ削除」
アイコンから削除するだけでわかりやすい。ただ、ゴミファイルを沢山残している。

ゴミファイル。これが不便なことです。

Windowsも同じ問題を起こしますが、アプリの正しいアンインストールのプロセスを踏んでいれば、ゴミファイルが残りにくいです。
しかし、Macのアプリ削除は確実にゴミファイルを残していきます。

同じUNIX系のBSDのようにパッケージ管理をもう少しなんとかして欲しいです。

アプリをインストールする2つの方法

Macアプリの入手は2つの方法があります。

・App Storeから提供されるアプリ
・アプリの開発元から提供されるアプリ

入手方法によってインストール手順が少し異なるので注意が必要です。

App Storeから提供されるアプリ

 

これは一番簡単なインストール方法で、アップル社によって管理されたアプリなので信頼性があります。

App Storeから提供されるアプリ
App Storeから提供されるアプリ

AppStoreからアプリを検索し「入手」ボタンをクリックしてインストールすれば完了です。

アプリの開発元から提供されるアプリ

開発元のサイトからインストーラーをダウンロードしてインストールする方法です。

アプリの開発元から提供されるアプリ(Clipy)
アプリの開発元から提供されるアプリ(Clipy)
アプリの開発元から提供されるアプリ(Chrome)
アプリの開発元から提供されるアプリ(Chrome)

Windowsとは違ってインストーラーを実行後に手動操作も必要です。

 

「システム環境設定」「セキュリティとプライバシー」の設定変更

注意しなければいけないのは、App Storeから提供されていないアプリの場合、Macの初期設定はダウンロードしたファイルを実行しても、インストールすることができない設定になっています。設定を変更する必要があることです。

「セキュリティとプライバシー」設定によるエラー
「セキュリティとプライバシー」設定によるエラー

 

「システム環境設定」の「セキュリティとプライバシー」から「環境設定のロック」を解除をする必要があります。Macの設定変更は「システム環境設定」です。「セキュリティとプライバシー」を選択しクリックします。

Mac システム環境設定
Mac システム環境設定

 

「環境設定のロック」を解除し「アプリケーションの実行許可」を変更する

初期値は「AppStore」しか実行許可が与えられていませんが、「開発元からのアプリケーション」も可能にする設定に変更します。

その前に、設定変更にロックが掛かっているので解除します。

Mac セキュリティーとプライバシー
Mac セキュリティーとプライバシー

ロック解除に認証が必要になります。パスワードかTouchIDを利用します。

Mac セキュリティーとプライバシー
Mac セキュリティーとプライバシー

実行許可を「AppStore」から「AppStoreと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」に変更します。

Mac セキュリティーとプライバシー
Mac セキュリティーとプライバシー

これでインストールが可能となります。

Macアプリのインストール手順

App Storeから提供されるアプリ

AppStoreからインストールするのは、とても簡単です。「入手」ボタンからインストールするだけです。

App Storeから提供されるアプリ
App Storeから提供されるアプリ

 

アプリの開発元から提供されるアプリ

開発元のサイトからインストーラーをダウンロードしてインストールする方法です。

インストーラーを実行すると画面が表示されます。手動でドラッグ&ドロップします。

アプリの開発元から提供されるアプリのインストール
アプリの開発元から提供されるアプリのインストール

これでインストールが完了です。

アンインストールの手順

アプリのアンインストールは2通りあります。

  • アイコンを右クリックして「ゴミ箱に入れる」を選択して削除する
  • 「Launchpad」からアイコンを長押し、☓マークを選択して削除する

 

どちらからでも動きは同じでアプリが削除されます。ただ、関連ファイルが残ります。

Windowsのアプリケーション削除と同じように、Macでも関連ファイルを削除したい場合は、関連ファイルも同時に削除してくれる「削除用のアプリ」を利用して削除します。

「ゴミ箱に入れる」「☓マーク」による削除

一番簡単な方法で悩む必要はありません。

削除用アプリ「AppCleaner」による削除

「AppCleaner」は、関連ファイルを検出し削除できる強力なアンインストールソフトです。

日本語対応していませんが、使い方がシンプルなので悩まずに利用することができます。

 

 

 

 

以上、「Mac作法 Windowsユーザーが解説 Macアプリのインストール・アンインストール」という記事でした。

Mac
スポンサーリンク
りんか ネット