Linux オンラインのままディスク追加

はじめに

運用をしているとオンラインでのDisk追加は忘れたころに発生します。OSを再起動すれば自動認識してくれるので簡単なんですが、データベースを動かしているサーバーはそう簡単に再起動が出来ないので仕方なくオンラインで追加します。

目的と環境

まずはOSにディスクを認識させます。その後は簡単に作業を進めることができます。

      VMware上に環境を用意
      OSはCentOSを利用
      DiskはSCSI接続

物理Diskの追加

まずは物理DiskをSCSIバスに接続させますが、VMware上で行うので仮想マシンの設定でDiskを追加するだけで完了です。

OSに物理ディスクを認識させる

まずは、現状を確認します。当然のことながら追加したディスクは見当たりません。

# cat /proc/scsi/scsi
Attached devices:
Host: scsi1 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00
  Vendor: NECVMWar Model: VMware IDE CDR10 Rev: 1.00
  Type:   CD-ROM                           ANSI  SCSI revision: 05
Host: scsi2 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00
  Vendor: VMware   Model: Virtual disk     Rev: 1.0
  Type:   Direct-Access                    ANSI  SCSI revision: 02

HostはSCSI アダプタのことでOSの認識順に番号が振られます。
Host scsi1 で CD-ROM を認識し、Host scsi2 でディスクを 1 台を認識しているのが確認できます。

追加した 2 台目のディスクをコマンドで認識させます。
仮想マシンが認識している SCSI アダプタに対してコマンドを実行します。

echo "- - -" > /sys/class/scsi_host/host2/scan

異なる Host を指定しても何も起きません。

マシンが正しく認識しているか確認します。

# cat /proc/scsi/scsi
Attached devices:
Host: scsi1 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00
  Vendor: NECVMWar Model: VMware IDE CDR10 Rev: 1.00
  Type:   CD-ROM                           ANSI  SCSI revision: 05
Host: scsi2 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00
  Vendor: VMware   Model: Virtual disk     Rev: 1.0
  Type:   Direct-Access                    ANSI  SCSI revision: 02
Host: scsi2 Channel: 00 Id: 01 Lun: 00
  Vendor: VMware   Model: Virtual disk     Rev: 1.0
  Type:   Direct-Access                    ANSI  SCSI revision: 02

パーティションを作成

後は fdisk コマンドでパーティションを作成するだけです。

# fdisk /dev/sdb
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク