【Linux入門講座】初心者から学べる知識

エンジニア目線から初心者向けLinuxの知識

情報が散乱しておりノイズが多いので初心者の方に必要な情報をコンパクトにお伝えします。

Linuxを学ぶための理由は色々とあると思いますが、きっとですが、目的のものを行うために仕方なくLinuxを学ぶのだと思います。
ユーザーとして利用するのであればPCであればWindowsかMac、スマホであればiOSかAndroidで十分です。あえてLinuxに触れるのであれば最小限の知識で十分です。

Linuxとは

LinuxとはOSの1つです。ソースコード(プログラムの中身)が公開されています。ソースコードが公開されているソフトウェアの事をオープンソースと言います。

オープンソースの特徴は以下の通りです。

  • ソースコードを入手出来る
  • ソフトウェアを自由に変更できる
  • 変更したソフトウェアを自由に無料で配布できる

Linuxは GNU General Public License (GPL)というライセンスを採用しており自由に利用することが許可されています。

厳密には、Linuxはカーネル(OSの基幹を担うソフトウェア)のみを示します(狭義)。カーネルだけではユーザーが利用出来ないレベルのものであり、その他のソフトウェアを組み合わせてユーザーが利用しやすい状態になったものを通常はLinuxと呼びます(広義)。以降はこの広義のLinuxを説明します。

ライセンスで自由に変更し配布することが許可されているので、有志がそれぞれソフトウェアをまとめパッケージ化しています。このパッケージしたものをディストリビューションと言います。

Linuxディストリビューションの種類

LinuxディストリビューションはRed Hat(レッドハット)系とDebian(デビアン)系の大きく2種類があります。さらに各系統の中で細分化されています。理解が難しい場合のためビールで例えてみました。

Linuxディストリビューションの種類

Linuxディストリビューションの種類

Red Hat系とDebian系以外のディストリビューションは人気が無いので忘れてしまって問題ありません。

RedHat系ディストリビューション
名前説明
Red Hat Enterprise Linuxレッドハット・エンタープライズ・リナックス
Red Hat社が提供する法人向けディストリビューション。RHELと呼ばれる
保守サポートと合わせて有償(サブスクリプション)で提供されている
CentOSセントオーエス
RHELとほぼ100%の互換性がある。無償で提供されている
情報量が多いので人気が高い

Red Hat系ディストリビューションはパッケージ管理システムとしてRPMを使っています。

Debian系ディストリビューション
名前説明
Debian GNU/Linuxデビアン
GNUプロジェクトを積極的に採用しているディストリビューション。
無償で提供されている
Ubuntuウブントゥ
Debianから派生したディストリビューション。デスクトップOSとして利用される事が多い。
無償で提供されている

Debian系ディストリビューションはパッケージ管理システムにdeb形式を使っています。

どのディストリビューションを選ぶ?

初心者の方はディストリビューション選びに悩むと思いますが何を選んでも構いません。Red Hat系とDebian系はパッケージ管理の仕組みが異なり設定方法が違いますが最終的に出来る事は同じです。

分かり易く説明するとこんな感じです。

  • アプリケーションのインストール・アンインストール方法が違う
  • アプリケーションのスタート・ストップ方法が違う
  • 設定ファイルの場所が違う

始めてWindows,MacやiPhone,Androidを触った時は恐る恐るですが慣れてしまったら、どうということが無いレベルの違いでしかありません。

私の考えだと、初心者はRedHat系のCentOSを利用することをお勧めします。何故なら情報量が豊富なのでインターネットで検索すれば解決策が見つかる可能性が非常に高いです。

また、Red Hat Enterprise Linuxの保守サポートとはバグの修正対応を意味しており、操作方法のサポートという意味ではありません。

Linuxで出来る事

実は Linux で出来る事は Windows でも同じことが出来ます。

Linux 向けに提供される殆どのアプリケーションは Windows 用に提供されています。スマホでiOSとAndroidのアプリが提供されているのと同じようなものです。

じゃあ、出来る事が同じであれば Windows で良いのでは?と思いますがダメなんです。
何故ならLinuxを利用する理由は 用途・目的が違う からです。ただそれだけの理由なんです。

Windowsの用途・目的

  • キーボード、ディスプレイ、マウスが必ずセットになっている
  • 1台のパソコンを占有して利用する
  • 使いやすさを重視している
  • マウス操作を基本にしている

Windowsは1人が1台のパソコンを占有して利用するのが一般的で同時に複数のユーザーで利用することは余りありません。今、使っている人がマウス操作で簡単に実行できれば、どんなに処理が複雑でCPUに負荷をかけメモリを大量に使ってもいいんです。

Windowsは個人用であり、OSのはユーザーの操作性も担当しています

Linuxの用途・目的

  • キーボード、ディスプレイ、マウスを必要としていない
  • 複数のユーザーが同時に利用する
  • 必要最低限のことしかしない
  • 使いやすさはOSではなくアプリケーションが担う
  • 同時に大量の処理を実行すること

Linuxは、同時に複数の利用者が利用することを想定して作られています。いかに効率よくCPUやメモリを使って利用者同士に影響を与えないようにすることを考えたため、OSはユーザーの操作性をアプリケーションに任せています

Linuxの操作方法

Linuxは、CUI(コマンド)でもGUI(マウス操作)でも操作できます。
個人でLinuxを使用する場合はGUI操作だけでも問題ないですが実際はCUI操作が必須となりますので、CUIでの操作をマスターしてください。