Amazon EC2、ニフクラにPuTTYで接続する

AWS
証明書鍵を利用してクラウド上のサーバーにPuTTYでログインしたい

この疑問に回答します。

TeraTarmだと簡単に接続できますが、PuTTYの場合は事前準備が必要です。

キーペア 公開鍵・秘密鍵

AWSのEC2、ニフクラなどパブリッククラウド上に作成したサーバーは証明書鍵を利用してSSHログインすることが主流となっています。

TeraTarmだとpemファイルを読み込むことが可能ですがPuTTYは読み込むことが出来ません。そのため利用できる種類の拡張子に変換する必要があります。

PuTTYgenを起動し秘密鍵を変換する

PuTTYgenを起動して、メニューバーにある「変換(Conversions)」の「鍵のインポート(Import Key)」をクリックします。sshでリモート接続する際に利用する秘密鍵(pemファイル)を選択します。

PuTTYgenを起動し秘密鍵を変換する
PuTTYgenを起動し秘密鍵を変換する

秘密鍵の読み込みができると、鍵のパスフレーズ読み込み画面が表示されます。鍵のパスフレーズを入力して次に進みます。

PuTTYgenを起動し秘密鍵を変換する
PuTTYgenを起動し秘密鍵を変換する

画面が切り替わると「鍵のパスフレーズ(Key Passphrase)」が入力済みになります。

「秘密鍵の保存(Save praivate key)」を押して任意の名前で.ppkファイルを作成してください。

 

PuTTYgen秘密鍵の保存
PuTTYgen秘密鍵の保存

これで秘密鍵の変換は終了です。

PuTTYで秘密鍵を利用してSSHリモート接続する

「カテゴリー(Category)」から「接続(Connection)」ー「SSH」ー「認証(Auth)」を選択します。
「認証パラメーター(Authentication parameters)」の「認証のためのプライベートキーファイル(Praivate key file for authentication)」の項目をクリックして、先ほどPuTTYgenで作成した秘密鍵ファイルを選択します。

PuTTYで秘密鍵を利用してSSHリモート接続する
PuTTYで秘密鍵を利用してSSHリモート接続する

後はいつも通りに対象サーバーにアクセスするだけです。

PuTTYで秘密鍵を利用してSSHリモート接続する
PuTTYで秘密鍵を利用してSSHリモート接続する

ユーザー名を入力するとパスワード入力ではなく、

「Authenticating with public key “imported-openssh-key”」と表示され秘密鍵のパスフレーズ入力を促されます。

秘密鍵のパスフレーズを正しく入力するとリモート接続が開始されます。

 

 

以上、「Amazon EC2編にPuTTYで接続する」という記事でした。