転職活動をどうする?転職エージェント・転職サイト・直接応募の使い分け方法!

転職
転職活動はどうやって始めるの?違いがよくわからない。

この疑問に回答します。

実は求人業界の会社に勤務していますので、すぐそばにキャリアアドバイザーが座っています。転職活動の仕組みやノウハウを色々と説明したいと思います。

この記事の内容はこちら
  • 「転職エージェント」と「転職サイト・直接応募」について
  • 「求職者」「採用者」「キャリアアドバイザー」による着眼点の違い
  • 「転職サイト・直接応募」よりも「転職エージェント」を勧める理由

「転職エージェント」と「転職サイト・直接応募」の違い

転職活動時に利用するのは、転職エージェント転職サイト・直接応募の2つに大別することが出来ます。

転職エージェントを利用して転職活動を行うと、キャリアアドバイザーという専門家が転職活動をサポートしてくれます。キャリアアドバイザーは求人情報の提供、職務経歴書の書き方の指導や添削、企業との面接日程の調整、入社日や給与条件などを交渉してくれます。求職者は受動的に活動を進める事ができます。

転職サイト・直接応募を利用して転職活動を行うと、全てを自分で完結させる必要があります。サポートが受けられないですが能動的に活動することができます。

転職活動で転職サイト直接応募による有利・不利の違いはありません。企業にネームバリューがあれば自社サイトに求人情報を載せて応募をかけます。ネームバリューが無ければ転職サイトを利用して応募を掛けます。

採用企業は、色々なチャンネルを利用して求職者に情報提供をしたいので、転職エージェント転職サイト・直接応募に同じ求職情報を載せます。つまり、何を利用して応募してきても採用する基準は変わりません。ただし、キャリアアドバイザーからサポートを受けると知識の底上げをしてくれるので結果的に有利に働く場合が多いです。

「求職者」「採用者」「キャリアアドバイザー」による着眼点の違い

3者による着眼点
  • 求職者から見た「転職エージェント」と「転職サイト・直接応募」
  • 採用者から見た「転職エージェント」と「転職サイト・直接応募」
  • キャリアアドバイザーから見た、求職者と採用者

求職者から見た転職活動

求職者(転職者)から見ると転職エージェント転職サイト・直接応募で、自分の手を動かす作業はほとんど変わりません。そのため、違いが判らず何を利用して転職活動すればよいか悩むことになります。

求職者は求職情報を熟読し、履歴書や職務経歴書をしっかり作り自分をアピールするだけです。

採用者から見た採用活動

採用者(人事部門)は転職エージェント転職サイト・直接応募で作業がまったく異なります。

転職エージェントを利用すると、まず初めにキャリアアドバイザーが面接を行い、適正を判断してから採用者の元に情報提供がなされます。つまり、一次審査(書類選考)を通過した方を選考することになります。

転職サイト・直接応募の場合は、書類選考から採用者が選考を行います。一次審査(書類選考)はとても大変なんです。レベル感や本気度が滅茶苦茶です。「不備だらけ」「必須の資料が無い」「よくこんな内容で申し込んで来たな!」などと怒りたくなるものが多く来ます。つまり玉石混交です。採用者は石などが混ざった中から宝石を見つけだし、選考をする必要があります。

採用者から見ると手間でしかありません。優秀な人材を確保するために必要経費としてコストを掛けます。

キャリアアドバイザーから見た、求職者と採用者

キャリアアドバイザーは、色々な求職者(転職者)と採用者(人事部門)を同時に見ています。あなたに紹介する前に、誰かに紹介し合否結果を知っています。そのため独自の判断基準を持つことができます。

  • 求職者が望んでいる求職情報があるけど、会社の採用基準や社風に合わない
  • 面接での話を聞いていると、こっちの会社や求人の方が合っている

つまり、ミスマッチを未然に防ぐことが重要な仕事になっています。

「転職サイト・直接応募」よりも「転職エージェント」を勧める理由

会社は予算で動いている

多くの企業は求人募集を出す際に、求めている人物のキャリアや能力を明確にして活動しています。

  • 社会人になって2,3年経ちビジネスマンのイロハを理解している人
  • 管理職としてマネージメントができる人
  • 経営に参画できる人
  • 営業職、技術職、経理、人事 など

人物像が明確になっているので給与水準も自然に決まります。採用に掛かる費用を前もって算出して活動しています。掛かる費用は、もっとも大きくなる方法(転職エージェント)で算出しています。

もし、転職サイト・直接応募で採用が出来た場合は予算が少なく済んでラッキー!別の採用活動に配分できて嬉しいぐらいの重さです。

人事部門も人間です。楽が出来るなら楽を取る

先ほども述べましたが、転職サイト・直接応募はとても面倒な作業が沢山あります。自分じゃない誰かにお願い出来る事があれば仕事を割り振ってしまいます。

必要経費として予算化しているコストなので罪悪感はありません。人事部門も楽が出来るのであれば当然、楽をします。

転職エージェントの採用活動がメインです

何処の企業も人手が足りません。優秀な人材に入社してもらう為には、お金を払ってでも早く採用活動を終えたいと人事部門は考えています。

まとめ

人事部門の採用プロセスは、人物像を明確化し転職エージェントを利用することを前提で動いています。その為に必要なコストを予算化して募集を行っています。ミスマッチを防ぎ意欲のある優秀な人材を求めています。

 

以上、「転職活動をどうする?転職エージェント・転職サイト・直接応募の使い分け方法!」という記事でした。

転職
スポンサーリンク
りんか ネット