組織外のユーザーへ自動転送されない Exchange Online(Outlook)

Microsoft

デフォルト設定だと Exchnage Onlineは、組織外のユーザーへ自動転送されないです。色々と設定を仕込む必要があるのでご注意ください。

  • 組織外のユーザーへ自動転送されない
  • 自動転送を許可する方法を知りたい

最近は初期設定が厳しくなってきています。迷惑メールの原因だったのでしょう。従って設定を行いましょう。

エラーコードを含むメッセージが返される

Exchnage Online の初期値だと組織外ユーザーにメールを自動転送すると、エラーメールが返ってきます。

5.7.520 Access denied, Your organization does not allow external forwarding.Please contact your administrator for further assistance. AS(7555)

5.7.520 アクセスが拒否されました。組織は外部転送を許可していません。さらにサポートが必要な場合は、管理者にお問い合わせください。 AS(7555)

このエラーメッセージを初めて受け取った時、送信先メールサーバーが出力しているエラーと勘違いしまいました。エラーコードを出力される時は、ほとんどの場合送信先サーバーから発せられる場合が多いです。

色々と調査していると、Exchnage Online の迷惑メール対策ポリシーの影響であることがわかりました。

管理者は外部転送を有効にしたポリシーを作成し、対象のメールボックスに割り当てる必要があります。

迷惑メール対策 カスタムポリシーの作成手順

Microsoft 365 Defender へアクセス

組織外の外部ユーザーへメールの自動転送を行うには管理センターにアクセスし、迷惑メール対策のスパム対策でカスタムポリシーを作成します。

https://security.microsoft.com/

スパム対策のカスタムポリシーの設定箇所は次の通りです。

  • 「メールとコラボレーション」から「ポリシーとルール」を選択します
  • 「ポリシーとルール」から「脅威ポリシー」を選択します
  • 「ポリシー」から「迷惑メール対策」を選択します
  • 「ポリシーを作成」から新規ルールを作成します。

迷惑メール対策 カスタムポリシー作成

外部転送を有効にするポリシーを作成し、対象のメールボックスに割り当てるためのルールを作成します。

  • 「ポリシーを作成」から「Outbound」を選択し次に進めます
  • 「名称」にポリシー名を入力します
  • 組織外への転送を許可するユーザーを登録します
  • 「転送ルール」の「自動転送ルール」で「オン – 転送が有効になっています」を選択します
  • 設定内容を確認し「作成」ボタンを押下します

外部転送を有効にするポリシーが作成されたらメールを送信しテストを実施してください。

コメント