Exchange2013 EmailAddressPolicyEnabled パラメーター設定変更

管理画面からプライマリ アドレスを変更しようとするとエラー

複数ドメインを利用している環境でプライマリに設定されているメールアドレスを変更しようとするとエラーが出力されます。


 電子メール アドレス ポリシーを使用するようにこのメールボックスが構成
 されているため、プライマリ SMTP アドレスを更新できませんでした。

 このメールボックスに対して電子メール アドレス ポリシーを無効にするには、
 EmailAddressPolicyEnabled パラメーターを $false に設定してコマンドを
 実行してください。

EmailAddressPolicyEnabled の値を確認するコマンド

 Get-Mailbox コマンドレットで確認することが可能です。

  実行例:
  Get-Mailbox -Identity <ユーザー名> |fl EmailAddressPolicyEnabled

EmailAddressPolicyEnabled の値を設定するコマンド

 Get-Mailbox コマンドレットで確認することが可能です。

  実行例:
  メールアドレスポリシーを無効にする方法
  Set-Mailbox -Identity user01 -EmailAddressPolicyEnabled $false

  メールアドレスポリシーを有効にする方法
  Set-Mailbox -Identity user01 -EmailAddressPolicyEnabled $true

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク