Nginx デフォルトサーバの設定

サーバの設定

デフォルトサーバの設定

意図したアクセスとは違う方法でやってきた時の設定を行います。昨今はバーチャルサーバで運用する事が前提になっているので大概は不要なアクセスです。

負荷分散や死活監視のアクセスが該当する場合があるので最低限の設定にします。

# vi /etc/nginx/conf.d/default.conf
server {
        # HTTPとHTTPSのポートを同時に指定します。
        listen  80 default_server;
        listen  443 default_server;

        # 全ての名前に該当する設定
        server_name  _;

        # HTTPとHTTPSを同時に指定している場合は設定しない。
        #ssl on;

        ssl_session_cache    shared:SSL:1m;
        ssl_session_timeout  5m;
        ssl_ciphers  HIGH:!aNULL:!MD5;
        ssl_prefer_server_ciphers  on;
        ssl_certificate /etc/nginx/ssl/certificate.crt;
        ssl_certificate_key /etc/nginx/ssl/certificate.key;
        ssl_protocols TLSv1 TLSv1.1 TLSv1.2;

        # 正規のURLにリダイレクションさせてる
        rewrite ^(.*)$ http://rin-ka.net$1 permanent;
}
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク