CentOS7 + Naigosエージェント(NRPE)を設定する

新サーバーをNaigosで管理

監視対象の新サーバーを設定です。いつも忘れてしまいます。

リポジトリの追加

CentSO7は最小パッケージでインストールを実施しています。必要なリポジトリの追加を行います。

# yum -y install epel-release

Naigosプラグイン

今回はディスクとCPUを監視する事にします。どうせLinuxは空メモリがあれば、あるだけ消費するので監視対象から外します。

プラグイン(本体)のインストール

Naigosで利用するプラグインをインストールします。

#  yum install -y nagios-plugins

プラグイン(ディスク)のインストール

ディスクの利用率を取得するプラグインをインストールします。

# yum install nagios-plugins-disk

プラグイン(CPU)のインストール

CPUの利用率を取得するプラグインをインストールします。

# yum install nagios-plugins-load -y

NRPE

NRPE経由でNagiosサーバーからアクセスが実行されますのでNRPEのインストールを行います。

NRPEのインストール

#  yum install nrpe -y

NRPEの設定

設定ファイルのバックアップを取得し設定を追加します。

# cd /etc/nagios/
# cp nrpe.cfg nrpe.cfg.org
# vi nrpe.cfg
...
allowed_hosts=127.0.0.1,::1,xxx.xxx.xxx.xxx
↑セキュリティ設定です。NagiosサーバーのIPを追加する
...

# /(ルート)パーティションの空きが20%で警告、10%で異常とする
command[check_disk_root]=/usr/lib64/nagios/plugins/check_disk -w 20% -c 10% -p /
↑コマンド名はサーバー側と合わせてください。
...

サービスの起動

NRPEサービスの起動を行います。

#systemctl start nrpe
#systemctl enable nrpe
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク