CentOS7 初期設定

インストール後の作業

CentSO7は最小パッケージでインストールを実施しています。インストール後に設定する手順です。

SSHの設定

私の利用している環境では、インストール直後にSSHでリモートログインする時に(ユーザ名とパスワードを聞かれるまでに)非常に時間が掛かります。GSSAPI認証の設定が原因のようなので無効にします。

# cd /etc/ssh/
# cp sshd_config sshd_config.org
# vi sshd_config

設定ファイルの修正

GSSAPIAuthentication no

設定の反映

# systemctl restart sshd

GSSAPI認証とは、GSSAPIをサポートしていると自動認証(シングルサインオン)を提供します。

SELinuxの設定

各サービスをインストールして作業する際に影響がでますのでSELinuxを無効にします。

# cd /etc/selinux/
# cp config config.org
# vi config

設定ファイルの修正

SELINUX=disabled

設定の反映

# reboot

SELinux(Security Enhanced Linux)とは、セキュリティを向上させるための仕組みです。

リポジトリの追加

標準リポジトリに入っていないパッケージを追加する際に利用するリポジトリのインストールします。

# yum -y install epel-release

EPELリポジトリとは、標準のリポジトリに入っているパッケージで、標準リポジトリで提供されていないパッケージをインストールすることを可能にするリポジトリです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク