CentOS6 シングルユーザモードでrootのパスワードを変更する

root(管理者)のパスワードが判らない。もう、あきらめるしか方法がないのか

この疑問に回答します。

Linuxには、必要最低限のサービスだけで起動できるモードがあります。シェルだけが起動されネットワーク設定がされていません。しかし、管理者としてログインができます。管理者としてログインさえできれば、「何とかなる!」最後の命綱です。

シングルユーザモードの起動手順

起動でGRUB画面を表示

OSの電源を入れたら、カウントが0になる前に任意のキーを押します。

起動直後の画面
起動直後の画面

GRUB起動画面で編集

カーネル選択画面で「e」を押して選択ください。

GRUB起動画面
GRUB起動画面

「kernel~」と記載された行で「e」を押し「編集モード」に入ります。

GRUB編集モード
GRUB編集モード

設定ファイルを書き換えます。

末尾に「single」を書き加えます。書込みが終わったら「Enter」キーを押して終了させます。

編集後のパラメーター
編集後のパラメーター

「b」を押しシングルユーザーモードにてOSを起動させます。

GRUB編集モード
GRUB編集モード

設定が間違っていなければ、シングルモードで立ち上がります。

シングルモードで起動
シングルモードで起動

rootパスワード変更

シェルが起動してきたら、rootユーザのパスワードを変更します。

# password root
Changing password for user root.
New Password:
Retype new password:
passwd: all authentication tokens updated successfully.

通常モードで起動

パスワード変更が完了したら再起動して通常モードに戻ります。

# reboot

まとめ

Linuxは起動時にオプションを与えると、シングルユーザーモードで起動します。パスワード認証無しで管理者としてアクセスが出来ます。あとはパスワード変更コマンドを実行し、通常モードに移行するだけです。

関連記事

CentOS7 シングルユーザモードでrootのパスワードを変更する
root(管理者)のパスワードが判らない。もう、あきらめるしか方法がないのか この疑問に回答します。 Linuxには、必要最低限のサービスだけで起動できるモードがあります。シェルだけが起動されネットワーク設定がされていません...

 

以上、「CentOS6 シングルユーザモードでrootのパスワードを変更する」という記事でした。

コメント