CentOS 8 と CentOS 7 ロケール(locale)の確認と変更方法

CentOS
CentOS7・CentOS8 ロケール(locale)の確認と変更する手順は?

この疑問に回答します。

CentOSは、CentOS7から「systemd」が採用されました。変更されたことにより、システム設定まわりと起動処理が大きく変更されています。

CentOS でロケール確認・設定コマンド:localectl

CentOS8はシステム設定を行う場合、設定ファイル(/etc/locale.conf)を直接編集することが推奨されていません。

localectl」コマンドを実行し設定を行います。

現在のロケール(locale)の確認:status

localectl」コマンドを実行して現在のロケールを確認します。「status」オプションは省略が可能です。

# localectl status
   System Locale: LANG=en_US.UTF-8
       VC Keymap: jp106
      X11 Layout: jp

私の環境では、言語が英語(en_US.UTF-8)に設定されています。

利用可能なロケール(locale)の一覧:list-locales

localectl」コマンドを実行して利用可能なロケールを確認します。「list-locales」オプションを利用します。

# localectl list-locales
C.utf8
en_AG
en_AU
en_AU.utf8
en_BW
・・・・

利用可能なロケール一覧が表示されます。

ロケール(locale)の変更:set-locale

localectl」コマンドを実行して利用可能なロケールを確認します。「set-locale」オプションを利用します。

# localectl set-locale LANG=ja_JP.utf8

 

 

以上、「CentOS 8 と CentOS 7 ロケール(locale)の確認と変更方法」という記事でした。