CentOS7・CentOS8 Google Chromeをインストールする

CentOS
CentOS7・CentOS8 に Google Chrome をインストールする手順は?

この疑問に回答します。

CentOS7・CentOS8はFirefoxが標準ブラウザです。GUI環境を導入すればFirefoxがインストールされます。Chromeを利用したい場合の手順です。

Google Chrome をインストール手順

Google Chrome をインストールする方法は2通りあります。

  • CentOS公式サイトからパッケージをダウンロードする
  • リポジトリを登録し、yumでパッケージ管理する

どちらでインストールしても同じです。簡単な方法で対応してください。

手順1.Google Chrome 公式サイトからパッケージをダウンロード

Google Chromeの公式サイトにアクセスしrpmパッケージをダウンロードしてインストールを行います。

Google Chrome ブラウザ パッケージのダウンロードページに移動し、[Chrome をダウンロード] をクリックします。

Google Chromeの公式サイト
Google Chromeの公式サイト

CentOSの場合は、パッケージ管理をRPMでおこないます。rpm版のパッケージを選択しダウンロードしてください。

Google Chromeのパッケージ選択画面
Google Chromeのパッケージ選択画面

パッケージ「google-chrome-stable_current_x86_64.rpm」がダウンロードされるので、後はインストールするだけです。

パッケージのインストール

$ sudo rpm -ivh google-chrome-stable_current_x86_64.rpm

Google Chrome の起動

Google Chrome を起動します。

$ google-chrome

手順2.リポジトリを登録し、yumでパッケージ管理する

設定ファイル

リポジトリファイルを作成します。

$ sudo vi /etc/yum.repos.d/google.chrome.repo

設定内容は理解しなくても大丈夫です。このままコピペしてください。

[google-chrome]
name=google-chrome
baseurl=http://dl.google.com/linux/chrome/rpm/stable/$basearch
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=https://dl-ssl.google.com/linux/linux_signing_key.pub

パッケージが正しく読み込まれたか確認します。

$ yum search google chrome
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.riken.jp
 * epel: nrt.edge.kernel.org
 * extras: ftp.riken.jp
 * updates: ftp.riken.jp
============================ N/S matched: google, chrome =============================
chrome-remote-desktop.x86_64 : Remote desktop support for google-chrome & chromium
chromedriver.x86_64 : WebDriver for Google Chrome/Chromium
google-chrome-beta.x86_64 : Google Chrome (beta)
google-chrome-stable.x86_64 : Google Chrome
google-chrome-unstable.x86_64 : Google Chrome (unstable)

  Full name and summary matches only, use "search all" for everything.

正しく読み込まれたらパッケージが表示されます。

  • google-chrome-beta.x86_64 : Google Chrome (beta)
  • google-chrome-stable.x86_64 : Google Chrome
  • google-chrome-unstable.x86_64 : Google Chrome (unstable)

BETA,STABLE,UNSTABLEの3種類が表示されます。通常はSTABLE(安定版)を利用します。

パッケージのインストール

$ sudo yum install google-chrome-stable

Google Chrome の起動

Google Chrome を起動します。

$ google-chrome

–no-sandbox オプションについて

root権限で Google Chrome は動きません。

このような感じでエラーが表示され Google Chrome を実行することができません。

#  google-chrome
 Running as root without --no-sandbox is not supported. See https://crbug.com/638180.

root権限の管理者の場合は、サンドボックスの無効化オプションを与えて実行してください。

#  google-chrome --no-sandbox

アラートが表示されますが、無事にroot権限で実行することが出来ました。

--no-sandbox オプションで Google Chrome を実行
–no-sandbox オプションで Google Chrome を実行

Google Chrome にインストールしたら文字化けする

CentOSをインストール際にGUI環境を導入していれば、文字化けは起こらないと思いますが、私の場合は最小パッケージでインストールしてしまうので文字化けが発生してしまいます。

Google Chrome が文字化けする理由は、日本語フォントが入っていないから

とりあえず、無料の日本語フォントをインストールしましょう。

CentOS7に日本語をインストールする

$ sudo yum install ipa-gothic-fonts ipa-mincho-fonts ipa-pgothic-fonts ipa-pmincho-fonts

CentOS8に日本語をインストールする

CentOS8ではパッケージを見つけることが出来ませんでした。IPAのサイトから取得することにしました。今回はcurlを利用して取得します。

$ curl -L https://ipafont.ipa.go.jp/IPAexfont/IPAexfont00401.zip > IPAexfont00401.zip
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100 9510k  100 9510k    0     0  9444k      0  0:00:01  0:00:01 --:--:-- 9444k

取得したファイルを解凍します。

$ unzip IPAexfont00401.zip
Archive:  IPAexfont00401.zip
   creating: IPAexfont00401/
  inflating: IPAexfont00401/ipaexg.ttf
  inflating: IPAexfont00401/ipaexm.ttf
  inflating: IPAexfont00401/IPA_Font_License_Agreement_v1.0.txt
  inflating: IPAexfont00401/Readme_IPAexfont00401.txt

取得したフォントを移動させます。

$ mkdir /usr/share/fonts/ipa
$ mv IPAexfont00401/*.ttf /usr/share/fonts/ipa/

フォントのキャッシュを更新します。

$ fc-cache -fv
/usr/share/fonts: caching, new cache contents: 0 fonts, 3 dirs
/usr/share/fonts/abattis-cantarell: caching, new cache contents: 4 fonts, 0 dirs
/usr/share/fonts/ipa: caching, new cache contents: 2 fonts, 0 dirs
/usr/share/fonts/liberation: caching, new cache contents: 12 fonts, 0 dirs
/usr/share/X11/fonts/Type1: skipping, no such directory
/usr/share/X11/fonts/TTF: skipping, no such directory
/usr/local/share/fonts: skipping, no such directory
/root/.local/share/fonts: skipping, no such directory
/root/.fonts: skipping, no such directory
/usr/share/fonts/abattis-cantarell: skipping, looped directory detected
/usr/share/fonts/ipa: skipping, looped directory detected
/usr/share/fonts/liberation: skipping, looped directory detected
/usr/lib/fontconfig/cache: cleaning cache directory
/root/.cache/fontconfig: not cleaning non-existent cache directory
/root/.fontconfig: not cleaning non-existent cache directory
/usr/bin/fc-cache-64: succeeded

新しいフォントを認識できたようです。
 

以上、「CentOS7・CentOS8 Google Chromeをインストールする」という記事でした。